弁膜症

虚血性心疾患コレステロール不整脈|弁膜症|心臓血管手術が必要と告げられた方にSAS睡眠時無呼吸症候群

Q弁膜症はどんな病気ですか?

弁膜症 心臓弁膜の異常の総称が弁膜症です。心臓には4つの部屋があります。全身から心臓に戻ってくる酸素の少ない黒い血液(静脈血)は、まず部屋のひとつの右心房に入ります。静脈血は右心室という部屋に入り、肺に送られます。肺で酸素を取り込んで赤くなった血液(動脈血)は、左心房から左心室を経由して大動脈から全身に送られます。この血液の流れが一定の方向(一方通行)になるように各々の部屋の出口の扉が規制しています。この扉が弁膜です。異常は狭窄、逆流の2つですが、狭窄と逆流が同時にある場合もあります。
 扉の動きが悪くなると出口が狭く(狭窄)なり、血液が通りにくくなります。扉が閉まらなかったり、壊れてしまうと逆流(閉鎖不全)が起こります。
 異常の原因は色々ありますが、その原因により手術術式の選択、手術後の注意事項が少しずつ変わります。悪くなった弁を切除して人工弁を同じ位置に縫着するのが弁置換術、悪い部分を修復するのが弁形成術です。

Q大動脈弁の異常とは?

大動脈弁 大動脈弁は三枚の半月弁で成り立っています。左心室から大動脈へ血液が十分に流れるように、また逆流しないように働いています。

大動脈弁狭窄症

 大動脈弁が十分に開かずに、硬く狭くなった状態をいいます。大動脈弁の開いた時の面積は、通常3.5~4.0 cm2ですが1.0cm2以下になると心臓の負担がおおきくなります。心臓から全身に送られる血液の量も少なくなり、胸痛(狭心痛)、意識消失(失神)及び心不全等の症状が出現します。しかし、多くの患者さんで症状がなく、元気な方が突然なくなられてから、この病気であったことが初めてわかることも稀ではありません。主な原因は先天性二尖弁、リウマチ性、老人性(加齢性・動脈硬化性)等です。治療は生体弁や機械弁による弁置換術が主流です。

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁置換術 大動脈弁が閉鎖せず、大動脈から左心室に血液が逆流する状態です。逆流が徐々に進行する慢性の患者さんが多く、症状が現れにくいのですが、次第に負担が左心室にかかり、拡張(心筋は肥大)してきます。急に起こった場合はすぐに心不全になることがあり、救命のための緊急手術を必要とします。大動脈弁の壊れる原因には以下のものがあります。
 先天性(二尖弁、四尖弁、心室中隔欠損症、バルサルバ洞動脈瘤など)、遺伝性(マルファン症候群など)、外傷性、リウマチ性、感染性心内膜炎、大動脈解離、大動脈弁輪拡張症、大動脈炎症候群(高安病)、高血圧など。
 治療は弁置換術が主流ですが、当科では弁の状態をみて積極的に弁形成術を行うこととしております。詳細はこちら(当科における弁膜症の治療方針)を参照ください。

Q人工弁にはどんなものですか?

 人工弁にはカーボン性の機械弁と、ウシの心膜やブタの大動脈弁で造った生体弁があります。共に世界中で使用されていますが、それぞれ特徴があります。機械弁は耐久性に優れ約200年は壊れないとされています。また、パイロライト・カーボンという血栓の出来にくい物質(人工炭素)も開発され、使用されています。しかし、生体弁に比べて血栓(血液のかたまり)が出来やすく、機械弁で弁置換術を受けた場合は一生、血の固まりにくくする薬(ワーファリン)を服用する必要があります。
 一方、生体弁は血栓が出来にくく、心房細動という不整脈がなければ、ワーファリンを服用しなくてもよいとされております。しかし、機械弁と比較すると、耐久年数が短く(僧帽弁置換術で約10年、大動脈弁置換術では約15年)、再弁置換術が必要になる場合があります。15-20年の間、生体弁で問題なく過ごされた患者さんもいますので、個人差があるのは確かです。
 人工弁の機能は、正常な人の弁膜には劣りますが、通常の生活には十分なものです。術後に心不全症状がある場合は、他に原因があるかもしれません。主治医とよく相談の上、手術後も治療を継続してください。

Q弁膜症手術の危険性、術後の注意点について

 弁膜症手術の生命に対する危険率は、患者さんの状態、手術の難易度によって変わります。当院の14年間の手術成績は、大動脈弁手術で1.7%、僧帽弁手術で1.0%です。これは2回目、3回目、4回目の心臓手術の患者さんや、冠動脈バイパス術等を同時に行った患者さんを含めた成績です。とくに感染性心内膜炎を起こした患者さん、3回目、4回目手術の患者さんの危険率が高くなっています。これは心臓外科の技術が年々進歩していることと、経験の蓄積によるものと思います。
 弁膜症の手術は、心臓の筋肉が丈夫で体力さえあれば何回でも可能です。危険率は高くなりますが、5回目の手術を受け、社会復帰した患者さんもいます。次回の手術が必要となるかどうかはわかりませんが、手術の影響がとれ、心臓の状態が良くなったら、体力の回復、維持に努めてください。
 注意事項は色々ありますが、以下の2点は必須です。

ワーファリンについて

 手術後のワーファリン療法は、血液が正常人の固まる時間の2-3倍の時間をかけないと固まらないようにします。つまり、ワーファリンは血液を固まり難くする一種の毒です。2-3倍の時間をかけないと出血が止まりにくいことになります。くれぐれもケガ(外傷)をしないように注意してください。男性では、髭剃りの際“かみそり”は避けましょう。しかし、例え出血を起こしてもあわてないでください。その時間分、押さえていれば止まるということです。出血部を圧迫(押さえつける)して血の出ない状態にしておいてください。創の深さにもよりますが、必ず止まります。どうしても止まらない時は、病院に連絡してください。ワーファリンの服用量は血液検査を受け、主治医と相談の上で決めて下さい。ワーファリンの効き具合は、食事の量、内容(ビタミンKの量)や体調(体調の悪いときは効きすぎ、良いときは効かなくなります)、同時に服用する薬によっても変わります。診察の際に血液検査を行い、その都度、ワーファリンの服用量を決めます。決して自己判断で、服用量の増減、中止をしないようにしてください。旅行の際、忘れないように! 納豆はワーファリンが効かなくなるので禁止です。ワーファリンは不足することがないように、やや余裕をもって手許に置いておくようにしてください。機械弁の患者さんは、ワーファリンとは一生のおつきあいです。血液を固まりにくくする目的で、バイアスピリンやバファリン等の抗血小板剤が処方されることがあります。ワーファリンとは全く異なる薬剤ですし、ワーファリンの代わりにはなりません。しかし、作用が違う2剤の利点を生かし、同時に服用していただく場合もあります。主治医より説明を受け、この2つの薬は間違えないように注意してください。

【細菌感染について】

 人工弁置換術後は、とくに細菌感染に注意してください。歯の治療は術前に済ませましょう。虫歯から、または抜歯の際に血液中に細菌が入り、人工弁に付くと感染性心内膜炎という危険な状態になり、縫着した人工弁がはずれると再手術が必要になります。特に手術直後の感染性心内膜炎は重篤です。
 手術の影響がとれた3ヶ月以降では、重症になる危険は少なくなりますが、感染性心内膜炎の予防は大切です。歯科治療その他の手術が必要となった場合、必ず主治医と相談の上、抗生物質を服用するとともに、ワーファリンについても指導を受けることを忘れないようにしましょう。
 日常生活では、何気ないケガによる化膿創、カゼをこじらせての扁桃腺炎や肺炎、膀胱炎から高熱を発する尿路感染症などが要注意です。

【身体障害者認定について】

 身体障害者福祉法では、人工弁による弁置換術後の患者さんは全て1級の身体障害者認定が受けられます。術前3、4級認定のかたは、再申請の手続きが出来ます。これは、あくまでも自己申告制です。