心臓リハビリテーション科

 心臓リハビリテーションは、不幸にして狭心症、急性心筋梗塞、弁膜症、心筋症などにより闘病生活を余儀なくされた方が、肉体的および精神的に、より質の高い生活を送ること、すなわち日常生活および社会生活を可能な限り健康時と同様に送ることを目的として行われる治療の一つです。

◆運動療法

 心肺運動負荷検査の結果に基づき、心臓および全身に無理な負担をかけずに運動による効果を最大限に得るための運動強度を設定します。この適切な運動強度(運動処方)に沿って行う運動が運動療法です。

スタッフ紹介

医師 加藤 祐子
理学療法士 櫻田 弘治、板垣 篤典
看護師 石井 香織
臨床検査技師 葉山 恵津子、中嶋 美保子、長山 医、小林 みどり

運動療法の実施

◆入院患者さんの場合

 安定狭心症、急性心筋梗塞後、心臓手術後、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患、大血管疾患(大血管術後等)の患者さんで、症状が安定している患者さんは全員運動療法の適応となります。全身状態が良好で、廊下歩行(200m)が問題なくできるようになった時点で心肺運動負荷検査(CPX)をはじめとする種々の検査を受けていただき、その結果で運動処方を作成いたします。その後運動療法室で運動処方に沿って運動療法を受けていただくこととなります。
 退院時までに身のまわりのことが楽にこなせる程度の運動能力を獲得していただくことを目標とします。運動療法は通常は1日1回約1時間行い、約2週間で終了します。急性期には運動中の心拍数の変化、不整脈の発生をチェックするために原則として心電図モニターを行います。常時スタッフが待機し、血圧などの測定を適宜行います。

◆外来患者さんの場合

 安定狭心症、急性心筋梗塞後、心臓手術後、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患、大血管疾患(大血管術後等)の患者さんは、運動療法の適応となります。運動療法を継続することで、運動能力の改善、維持、重篤な心事故(急性心筋梗塞、危険性の高い不整脈など)の予防と、生命予後の改善に有用であることが知られています。

当院での運動療法を希望される患者さんへ

 保険で認められた運動療法の適応疾患(安定狭心症、急性心筋梗塞後、心臓手術後、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患、大血管疾患(大血管術後等))の患者さんは、他院で治療を受けられていても主治医の了解があれば、当院で運動療法をお受けいただけます。
 あらかじめ外来受診のご予約をお取りになり、かかりつけの医療機関の紹介状をお持ちの上、ご来院下さい。